「ずっと一緒にいたい!」と男性が思う女性のタイプ6選

「ずっと一緒にいたい!」と男性が思う女性のタイプ6選

どんなに恋愛の数を重ねていても、ずっと一緒にいたい!と思える異性に出会えるというチャンスはそうそう巡ってきません。

では、四六時中でも一緒にいたいと男性が思うような女性には、どんなタイプがあるのでしょうか?

今回はそんな男性の気持ちに迫ってみたいと思います。

1.一緒にいて”楽”で安心できる

身も心もざわめくほどドキドキする恋愛は、恋愛の醍醐味の一つですが、そんな彼女と男性がずっと一緒にいたい?となりますと、それはまた、別の問題です。

ずっと一緒にいるということは、相手と同じ空間にいて、無言の時間、会話をする時間、相手の生活習慣、相手の何気ない癖、食生活など、そのすべてを目や耳にして、それを受け入れるということになります。

一挙手一投足は言い過ぎかもしれませんが、彼女の行動や言動にいつもハラハラドキドキしている彼女と長い時間一緒にいるというのは、とてもじゃないですが、男性の心が持ちません。

男性に緊張感を与えないような女性でいることは、ずっと一緒にいたいと男性に思わせるための条件の一つと言えるでしょう。

2.一緒にいて楽しい

女性に対して様々な理想を持つ男性は少なくないですが、中でも明るくて、一緒にいて楽しい女性が理想的という人は少なくありません。

一緒にいて、笑いが絶えなかったり、共通の趣味の話題で盛り上がることができたり、食事やデートでもそれぞれの好みや個性を尊重して楽しめたりする関係だと、男性は、どんどん女性の虜になってしまいます。

笑顔で朗らかで、それでいて一緒にいて楽しい女性が男性にもたらす心地よさは、男性に「ずっと一緒にいたい!」と思わせるだけの強力なパワーがあります。

3.お互いを支え、刺激し合える間柄

ストレスを抱え、厳しい競争にさらされることが多い現代社会において、常に前向きに、そして向上心を持って、挑戦し続けることが求められる男性も数多く存在します。

そんな男性にとって、お互いに議論を交わしたり、時にはアドバイスし合えるような、知的でしっかりとした女性とずっと一緒にいたいと感じることは、決して不思議なことではありません。

心も体もオープンにできる恋人という存在を考えると、何でも話し合うことができて、仕事のことや将来のことを真剣に相談できて、また、お互いが支え合うことができるのであれば、これほど頼もしいことはありません。

4.放っておくと心配・・・守ってあげたい

恋愛は頭ではなく、感情で突き動かされることが多く、状況によっては、自分自身でもなぜ、あの人のことをこんなにも好きなんだろう?ということがあったりします。

中でも、おしとやかで、放っておくと心配になるようなタイプの女性は、特にこれといった理由もなく、男性から”愛おしくて”たまらないといった感情を寄せられることがあります。

その結果、男性からは「ずっと一緒にいたい」と思われることがあったりします。

男の人の中には、女性のことを守ってあげたいという心理を持つ男性が一定数存在していまして、そんな男性は、放っておくと心配になるような女性のことを好きになりやすい傾向にあります。

5.励ましてくれたり、勇気づけてくれる

外では、頑張って一人の男としてバリバリ働いている男性も、家に帰ると、ボーッとしていたり、小さなことに頭を悩ませたり、ときには苦しい現実から目を背けたりといったこともあります。

そんなときに、男性を励ましてくれたり、勇気づけてくれる女性ほど頼りになる存在はいません。

そして、そんな彼女が「頼りになる」という存在から、「無くてはならない」存在になったとき、男性は、「ずっと一緒にいたい」という気持ちが芽生えます。

男性にとって、自分に対して理解があり、そして、背中を押してくれる彼女が側にずっといてくれることほど、嬉しいことはありません。

6.時間の大切さを分かっている

恋愛は、どちらか一方の思いだけでは決して長続きしませんが、お互いが二人の時間を心から大切にしているときは、それはとても幸せに満たされた時間になります。

そして、その時間が限られたものであれば、なおさら、そう感じても不思議ではありません。

例えば、遠距離恋愛のような限られた時間しか一緒にいることが許されない恋愛の場合では、時間が限られているだけに、その時間に対する二人の思いは募りやすくなります。

お互いが二人の時間を心から大切にしていると実感できるとき、男性は、自然と「彼女とずっと一緒にいたい」と感じることでしょう。

そういった意味では、逆説的になりますが、男性にずっと一緒にいたいと思わせるためには、時間に対する考え方も工夫する必要があると言えそうです。

まとめ

『「ずっと一緒にいたい!」と男性が思う女性のタイプ6選』と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

最後まで、お読み頂きまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク





スポンサーリンク