ボディタッチに込められた男性心理とは?

ボディタッチに込められた男性心理とは?

文化や出身地域、社会規範や慣習、育った環境などにより異なりますが、人は誰でも「自分だけの空間」を持っているということが人類学などの様々な研究で明らかにになっています。

そして、その「自分だけの空間」に侵入してくるのが、ボディタッチです。

実は、どれくらいの距離であれば、快適に感じて、どれくらいの距離まで空間に入ってこられると不快に感じのかということは、人それぞれなのですが、特に女性は男性に比べると自分だけの空間に入ってこられることに対して、警戒心が強い傾向にあるということが分かっています。

一方で、男性の方は、様々な動機や心理状態から、女性へボディタッチをしてきます。

そこで、今回は、そんな女性に対して、ボディタッチをしてくる男性心理について説明してみたいと思います。

なぜ、ボディタッチをしてくるのか?

ボディタッチにも様々な種類がありますが、なぜ、男性は女性にボディタッチをしてくるのでしょうか?

それは、男性が(意識的あるいは無意識のうちで)、ボディタッチが持つパワーの強さを知っているからに他なりません。

男性に限ったことではありませんが、人間は良好な人間関係が築けているという状態のとき、脳内にはオキシトシンというホルモンが分泌されていまして、特にボディタッチを繰り返し行うと、このオキシトシンが分泌されるということが様々な研究で明らかになっておりまして、それが快適さや心地良さを感じさせるという仕組みになっています。

神経経済学で著名なPaul ZakもTEDのスピーチで、如何にオキシトシンの分泌が信頼感や共感を生み出しているのかということを説明しています。(TEDのスピーチはこちら/英語)

つまり、女性にボディタッチをしてくる男性心理の背景には、女性に対して、何らかの形で好意を寄せていて、そして、ボディタッチをすることで女性にもオキシトシンの分泌を促し、もっと良好な関係になりたいという意識が働いているということが、お分かり頂けるかと思います。

しかし、現実的には、すべてのボディタッチがそうした心理だけで行われているかといいますと、必ずしもそうとは言い切れません。

そうした例も含めて、ボディタッチの具体的な例でみていきましょう。

手や腕の触れ方について

握手をしたり、女性の肩に手を置いたり、女性の腰に手を回したり、指と指をからめたりと、ボディタッチの中でも、最もよく使われるのが手や腕です。

そして、この手や腕の触れ方による男性心理を人類学、コミュニケーションの研究などから探ってみましょう。

〇優しく触れる

男性が女性に対して、好意や親密さを表現するために使うボディタッチとして、最も分かりやすいのが、この手や腕を使った優しく触れるというボディタッチです。

具体的には、優しく握手をしたり、自分の手で女性の頭をなでたり、女性の膝をさわったり、といった行動として表れます。

好き嫌いは分かれるかもしれませんが、女性の顎を下から上へと上げる”顎クイ”なんかも、これに相当するでしょう。

ただし、この優しく触れるという行動の背後にある男性心理には、注意も必要です。

なぜなら、下心からなのか、真剣な気持ちからなのかは判断が難しいからです・・・本心を探るには、このボディタッチだけからではなく、他の要素も含めて、判断した方がいいでしょう。

〇雑に触れる、乱暴に触れる

相手を威圧したり、自分が上だということを表現するためのボディタッチです。

男性が強さを誇示したり、自分が関係性の中で、立場が上であることを表現するというときに、自分の手を女性の肩に乗せたり、握手のときに手を強く握ったりという行為を行ったりします。

あまり見かけることはありませんが、手を女性の背後に回して、背中を強く抱きかかえるようにするときは、相手を威嚇する行動をしているとされています。

〇両手で触れる

自己顕示や自分のアピールのために使うボディタッチです

一見、親密さを伝えるように見えますが、自分をアピールするための行動で、政治家などによく見られる両手での握手が該当します。

男の人が女性の人に両手でボディタッチするというシーンは、そんなに日常的なものではありませんが、男性が両手で女性の両肩を掴んだりする行為は、何か強い思いをアピールしたいというときに表れます。

体の向きについて

ボディタッチをしてくるときの男性の体の向きも、ボディタッチをしてくる男性心理を理解する上で、重要な手がかりです。

〇女性に対して、体や顔が向き合っている場合

女性に対して、真っ直ぐ向き合おうとする気持ちの表れで、向き合って握手したり、抱きしめたりというのが典型的なケースになります。

〇女性に対して、体や顔が横を向いている場合

親密さをアピールしようというときに使われます。

男性がこの行動を出すときは、女性の空間の端(視界の端)からでもボディタッチをしても、許されているという心理があるので、男性心理としては恋人に近いぐらいの気持ちを女性に持っていて、かなり自分では親密だと思っていると考えられます。

〇女性の視界の外から

女性の視界に入らないところからボディタッチは、恋人か親友以上の関係がなければ、できない行動です。

女性を背後から抱きしめたりなどの行動は、男性心理としては、特別な関係以上の心理があると考えられます。

まとめ

「ボディタッチに込められた男性心理とは?」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク





スポンサーリンク