加齢臭の原因と対策~男女問わず気になる!~

男女問わず気になる!加齢臭の原因と対策

恋愛や友達、職場の人間関係では、様々なことが気になったり、悩んだりすることがありますが、その中でも気になるものと言えば、「体臭」がその一つではないでしょうか。

体臭が”やっかいな”ところは、家族や仲のいい人に聞いたりしながらでないと、本人がなかなか自覚しにくいところですよね・・・。

そんな体臭の中でも、今回は男女問わず気になる「加齢臭」の対策と原因について見ていきたいと思います。

そもそも加齢臭とはどんな臭い?

加齢臭とは、簡単に言ってしまえば、年齢を重ねるにつれて発生する臭いのことで、昔は”オヤジ”臭なんて呼ばれ方もしていて、決していい臭いではありません・・。

では、なぜ年齢を重ねるだけで臭いが出てくるのでしょうか?

それには、幾つかキーとなる成分がが絡んでくるのですが、中でも重要になってくるのは、下の2つの成分になります。

〇体臭成分ノネナール

〇脂肪酸9-ヘキサデセン酸

ノネナールについては、後ほど詳しく説明させていただくとして、加齢臭が出る仕組みをざっくりと説明すると、ヘキサデセン酸という名の脂肪酸がノネナールを生成し、ノネナールという体臭成分が、年齢とともに増え、それに伴って”青臭いニオイと脂臭いニオイ”が混ざった加齢臭が増えるという流れになります。

ちなみに、加齢臭の臭いの成分にはノネナールの他に「オクテナール」「ヘキセナール」という成分があるのですが、この臭いは、何と!カメムシが攻撃を受けたときに放つ悪臭の臭いと同じなんです・・・。

ただ、それは成分が含まれているというだけで、加齢臭がすると言っても、実際にはそのカメムシの臭いがすることはほとんどないようですが・・。

加齢臭が発生する仕組み

加齢臭が発生する仕組みを理解するためのキーワードは「酸化」そして「ホルモン」にあります。

まず、酸化についてですが、様々な病気の原因である「活性酸素」が大きく影響しています。

活性酸素も近年、耳にすることが多くなったキーワードですが、その存在は、生活習慣病・がん・老化・皮膚のしわやシミなど人体にかかわる病気の根源とも言われているものです。

そして、この活性酸素による過酸化脂質の生成、つまり肌の老化現象の一つとして表れているのが、「加齢臭」というわけです。

もっと言いますと、肌の酸化=老化現象が進み、加齢臭の発生に対する歯止めがきかなくなっているという状況です。

では、次に「ホルモン」について見てみましょう。

実は上で述べた酸化の他に、「老化」の原因の一つにホルモンの分泌低下があります。

ホルモンの分泌低下そのものは老化だけが原因ではなく、生活習慣やストレスなど様々なものが影響してくるのですが、それでもやはり年齢を重ねると共に、人間はホルモンの分泌低下が起こってきます。

そして、このホルモン分泌低下が「活性酸素」による肌の酸化を促して、加齢臭の原因であるノネナールを作り出しているというわけです。

しかも、このホルモン分泌低下という点、つまり活性酸素に対する抑制は男性の方が弱いんです…。

なぜなら、女性は出産というイベントに備えるべく、身体はホルモンによって守られているからです。

しかし更年期を過ぎた閉経後や食生活の乱れなどに代表される卵巣機能の低下、無月経になったような場合は加齢臭を発生する可能性があるので注意は必要です。

加齢臭が発生する原因

加齢臭が発生する仕組みとして、活性酸素とホルモンの分泌に大きな影響があることを説明させて頂きましたが、ここでは、さらに踏み込んで、加齢臭が発生する様々な原因について見ていきましょう。

肌の老化、つまり体の酸化が加齢臭発生の主たる原因であることは間違いありませんが、しかし活性酸素発生の原因は、老化以外にも、数多くの原因があります。

順番に見ていきたいと思います。

ストレス・過労

様々な病気の原因でもあるストレス・過労ですが、活性酸素の発生原因においても最大の原因の一つと言えます。

ストレス・過労が活性酸素を発生させるプロセスは以下のようになっています。

過度のストレス・過労

ノルアドレナリンやアドレナリンのような「ストレスホルモン」が分泌

ストレスホルモンがストレスを緩和するために働く

身体が熱くなったり、動悸など

「それでも、ストレスを緩和できないと…」

「活性酸素発生!」

副腎皮質ホルモンが分泌(ビタミンCとコレステロールにより生成)

「活性酸素発生!」

ストレスを緩和

副腎皮質ホルモンを分解する酵素が分泌。

「活性酸素発生!」

上記の流れでも分かるように、ストレスを早い段階で緩和できずに、ストレスや疲労がたまればたまるほど、「活性酸素」が発生するような仕組みになっていることがお分かり頂けるかと思います。

そして、この活性酸素の発生が多ければ多いほど、老化促進や加齢臭の発生がどんどん進むということになります。

ちなみに、怒りっぽい人によく言われる「ビタミンCが足りない」というのは副腎皮質ホルモンに関係していると言われています。

激しい運動

運動は体にいいものというイメージがありますが、激しい運動が体に与える影響は決して少なくありません。

なぜなら、スポーツなどで激しい運動をすることは、体内の酸素量が急激に増えることになり、それだけ活性酸素の発生率も増加するからです。

激しい運動にはしばしば「緊張・ストレス」と「激しい疲労」を伴います。

つまり、上記のような激しい運動そのものによって肌の酸化が進むだけでなく、極度の緊張やストレス・過度の疲労を受けることにより、さらに肌の参加が進んでいることが予想されます。

また、年齢を重ねていくと、若いときに比べて、身体的な衰えの理由から、ストレスや疲労への対応力も当然、衰えています。

すなわち、そういったストレスや緊張、疲労に対しての十分な対応ができないことが、肌の酸化に対しての抵抗力も落ちているということになります。

紫外線

紫外線の害悪、それも肌に与える影響につきましては、様々なメディアで特集されることも多く、御存知の方も多いと思いますが、「体臭」についても与える影響は少なくありません。

夏や初秋の時期、あのギラギラした日差しは大量の紫外線を私たちに浴びせてきます。

そして、その紫外線を直接浴びることは、皮膚に大量の活性酸素を発生させていることは想像に難くありませんが、ここで注意しなくてはいけないのは、紫外線が皮膚に発生させる活性酸素は、酸化力の非常に強いヒドロキシラジカルや一重項酸素が大量に発生させているのです。

そうして、発生した酸化力の強い活性酸素が肌に大量に蓄積されていくことで、肌の老化が進み、体臭・加齢臭へと繋がっていくという形になります。

食品添加物、飲酒、喫煙、大気汚染

肌の酸化を進める原因には、ストレス・疲労、激しい運動、紫外線などが代表的ですが、食品添加物や飲酒、喫煙、大気汚染といったものも肌の老化を進める重大な原因になったります。

仕事でストレスをためて、お酒を飲み、疲れて食事はファーストフードといった生活習慣は、かなり肌の老化を進めているだけでなく、加齢臭発生の原因を作り出しているということになります。

加齢臭の対策と予防~食生活~

ここまで、活性酸素が発生する原因をいろいろと見てきましたが、食生活で活性酸素の発生を抑える抗酸化物質を摂取することができます。

説明に入る前に確認しておきたいのですが、食生活改善による抗酸化物質の摂取はあくまで一つの方法です。

活性酸素発生の原因は、ストレス・過労、喫煙、飲酒、激しい運動など多岐にわたっており、例えば食生活だけを改善したと言ってもその効果はあくまで限定的であると、前もって理解しておく必要があります。

では見ていきましょう。

体外から摂取する抗酸化物質(スカベンジャー)は、活性酸素の発生・活動を緩和あるいは減少させる役割を果たすものをはじめ、様々な種類があります。

〇ビタミン…A,B2,C,Eなど

〇ポリフェノール…緑茶やワイン、ハーブなど

〇ミネラル…銅、亜鉛、マンガン、セレンなど

上の3つは活性酸素に効果があるとしてよく知られていますが、それ以外にもセサミンを多く含むゴマリグナン類(ゴマが代表的)やアスタキサンチン(サケ・イクラなどの海産物)などがあります。

また、それらを豊富に含んだ食品をバランスよく摂取することで相乗効果が期待できるので、できるだけ多くの種類から摂取するように心掛けた方がいいでしょう。

では、具体的にどういった食品があるかみていきましょう。

ビタミンA…のり類、わかめ、しその葉、パセリ、にんじん、小松菜やほうれん草など青菜類、かぼちゃ、レバー(鳥、豚、牛)、うなぎ蒲焼、銀たら、モロヘイヤなど

ビタミンB2…うなぎ、レバー、のり類、そば、カシューナッツ、たらこ、すじこ、たまご、青菜類、納豆、牛乳、納豆、アーモンドなど

ビタミンC…えだまめ、さやえんどう、青菜類、ししとうがらし、カリフラワー、パセリ、キャベツ、トマト、ピーマン、ブロッコリー、キーウイフルーツ、かんきつ類、アセロラ、グァバ、いちごなど

ポリフェノール…赤ワイン、緑茶、バナナ、春菊、そば、れんこん、ししとう、さつまいも、バナナ、マンゴー、ブルーベリー、ぶどう、りんご、納豆など

ミネラル…抹茶、煎茶、かき、ココア、かんてん、あまのりなど

加齢臭の対策と予防~ボディソープ・消臭クリームなど~

加齢臭を気にしている方が増えていることから、最近では、ボディーソープや消臭クリームなど、様々な商品が販売されています。

当サイトの編集部で、人気商品をまとめてみましたので、参考にして頂ければと思います。

〇女性用商品ランキング

第1位【ユンケルで有名な佐藤製薬が提供】
デオドラント石鹸


第2位【あのRIZAPで有名な健康コーポレーションが提供】
ローズ・ボディリフレッシュ


第3位【株式会社ヴィジョンステイト】
【医薬部外品】ネオテクト薬用マイクロデオドラントクリーム


〇男性用商品ランキング

第1位【ユンケルで有名な佐藤製薬が提供】
デオドラント石鹸


第2位【株式会社IDEA】
デキる男のニオイ対策!オドバンデオドラントクリーム!
デオドラントバーム
第3位【クリアネオ】
加齢臭対策にはクリアネオ
ボディーソープ

 

まとめ

「加齢臭の原因と対策~男女問わず気になる!~」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

ストレス過多の現代社会において、肌の酸化で起こる加齢臭はどうしても気になりますよね。

実は、編集部のスタッフの中には30代からボディソープなどで加齢臭予防をしているというスタッフがいまして、そのスタッフとの会話の中から今回の記事を作成することになりました。

加齢臭が気になる!という人に少しでも参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク





スポンサーリンク