男運が悪すぎるっ・・!男性から見た男運がないときの女性の特徴とは?

最近、出会う男がことごとくダメ男ばっかりで・・

付き合ってみると、こんなはずじゃかったと残念なことばっかり・・・男運が悪すぎる?

こんな風に、まるで恋愛運に見放されたかのように”男運が悪すぎる”と感じるときって、誰にでもあるのではないでしょうか?

そこで、今回は営業、人事、マーケティングと国内外の企業を渡り歩き、何百人、何千人の心理をつぶさに見てきた”人ウォッチャー”の筆者が「男運が悪すぎる女性」について、具体例を交えながら、男性視点で迫ります!

では、早速みていきましょう。

周囲からの影響を受けやすくなってしまっている・・

普段はそうでもないのに、自分に自信がなかったり、自分を見失ったりしていると、ハマってしまいやすいのが、「周囲からの影響

いつもならスルーすることがほとんどなのに、男運がないときは、偶然、雑誌の占いやテレビなどで見た恋愛の格言などを過信して、「近々、いい出会いがある!」なんていうアドバイスを真に受けてしまい、ついつい、それほど乗り気でもない恋愛をスタートさせてしまって失敗してしまいがちです。

実際に筆者の知人のある女性は、普段はどちらかというと肉食系男子とばかり付き合っているのですが、男運がないとボヤいていたときは、「草食系男子」ばかりと付き合っていたのです。

恋愛が失敗続きなのを見かねて、筆者が「なんか最近、オトコの好み、変わった?」と聞いてみたところ、彼女はいつも恋愛相談をしている親友からの「アドバイス」に従っていたとのこと・・。

恋愛するのは、あくまで”自分”なので、周囲からの助言を参考にするのは、ほどほどにしたいところです。

肩書、年収、容姿など「条件」を重視しすぎている・・

筆者の昔からの女友達の一人で、その容姿のキレイさから、コンパなどではいつも男性陣からアプローチされ続けてきた友達がいたのですが、そんな彼女でも「男運がなさすぎる!」と言わざるをえないときがありました。

それが、恋人を探すときに、肩書や年収といった条件ばかりに目を向けて、価値観や人間性といったことをほとんど考慮していないときでした。

大企業勤務の社員や会社の社長、アーティストなどなど、筆者が数ヶ月おきに恋人が変わったことを本人から聞くたびに、「そんなに次から次へと、よく探してくるね(笑)」と思ったほどでした。

しかし、人間性などを考慮せずに条件だけで付き合っても、恋愛が長続きしないこと、そして、何よりも恋愛がつまらないということを本人が気づいてからは、そんな風に条件で男を探すのをやめてしまったのです。

恋愛のパートナーを探すときに、相手の人間性や価値観、自分との相性などが度外視になりすぎていると、「男運が悪すぎる!」という状態になりがちです。

他人と比較ばかりしてしまっている・・

人間なら誰しも、多少なりとも、他人との比較をしてしまいますが、恋愛に関しても、他人と比較ばかりしていると、男運が下がりがちです。

「女友達の彼氏がイケメンな上に、エリートサラリーマンで・・・。会社の同期の結婚相手が資産家の息子で・・。」

身近なところで、こんな”浮いた話”を耳にすると、誰だってうらやましく感じてしまうかもしれませんが、だからと言って、自分を悲観したり、焦りを感じたりするのは頂けません。

最悪なのは、他人と比較して焦りを感じて、それほど乗り気でもないのに、条件が良さそうな相手とテキトーに恋愛をして、”お手付き”ばかりしてしまうことなので・・・。

押しに弱くなっている・・

押しの上手な男性や、マメな男性は、男性から見ても恋愛が上手に見えますが、だからと言って、そういった男性が恋愛する相手として最高のパートナーとは限りません。

むしろ、押しに弱すぎたり、アプローチを受けて、ついつい気を許してしまう女性を、“都合がいい女”として見ていることもあったりします。

実際に筆者が過去に勤めていた会社で仲が良かったある女性は、その見た目や雰囲気から、男性から押しに弱そうと見られることが多く、“チャラい”男性ばかりからアプローチを受けて、それで何度も失敗した経験があったとのことで、「今はほとんど断っている」と言っていました。

男運を上げるには、ときにはそういった男性からのアプローチを断るということも重要です。

ネガティブになりすぎている・・

日本には古来より、口に出したり、紙に記したりする「言葉」には、様々な力が備わっているという「言霊(ことだま)」なんて思想がありますが、男運に関しても、同じことが言えるのかもしれません。

普段から悪口やねたみ、そねみばかりを口にしていると・・・同じような発言をしたり、考え方をする男性を引き寄せかねません・・。

筆者の複数の女友達が、「会社の愚痴や自分の境遇に対する不平不満ばかりを口にするネガティブ男と付き合っていると、男運どころか、それ以外の運まで下げられる!」と口にしているのを聞くと、ネガティブ男は最も避けるべきタイプの一つだと思います。

自分がネガティブになる⇒同じようなネガティブ男と恋愛する⇒恋愛そのものもネガティブに・・といった悪循環だけは避けたいですね。

恋愛対象が近い人ばかり・・

会社でも学校でも、住むところでも自分が慣れ親しんだ環境は心地いいものだったりすることがありますが、しかし、こと恋愛に関しては、必ずしもそうとは限りません。

特に友達や会社の同僚など近いところばかりで恋愛していると、「手軽な女」といったイメージを周囲に与えてしまい、良さそうな男性には避けられ、軽そうな男性ばかりが言い寄ってくるという状況を招き、結果、男運を下げてしまいかねません。

実際に、男性でも女性でも、近いところでばかり”手を出している”人は周囲から、「要注意」と見られますし、避けられがちだったりします。

逆に、自分とは違った環境の出会いを求めるようになって、男運が上がった!という女性は少なくなかったりします。

最近は、マッチングアプリなどでも環境の違う人と出会えるチャンスは増えていますので、男運を上げるには、そういったアプリを利用するという方法もいいかもしれません。(参考/徹底比較!婚活・恋愛系マッチングアプリのおすすめ最新ランキング)

まとめ

「男運が悪すぎるっ・・!男性から見た男運がないときの女性の特徴とは?」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

誰にでも男運がいいときと、そうでないときがあると思いますが、今回の記事が少しでも「男運を上げる」ヒントになれば、幸いです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク





スポンサーリンク