男性が恋愛よりも仕事を優先するとき5選

suit-691849_640

恋愛が始まる前や始まったばかりのときは、男性も女性も相手がどんな恋愛の仕方をするかが分かりませんので、相手がどんな恋愛観を持っているのか?ということについて、気になることがありますよね。

中でも男性が仕事と恋愛をどんな風に考えているのか?ということは、二人の時間をどれだけ過ごせるか、あるいは、男性に対してどんな風に接すればいいのかということを知る手掛かりになったりしますので、人によっては、最も気になるポイントだったりします。

そこで、今回は男性が恋愛よりも仕事を優先するときの心理について、迫ってみたいと思います。

1.彼女との結婚を真剣に考えるとき

男性がある女性と恋愛をはじめて、夢中になると、その延長線上に、彼女との同棲や結婚を考えるというのは、ごく自然な流れですが、そんなハッピーな状態のとき、実は、男性はこれまで以上に仕事を頑張ろうという気持ちになったりします。

二人でデートを重ねたり、おいしい食事を楽しんだり、車を買ったり、旅行に行ったり、恋愛が楽しくなればなるほど、そして、結婚を意識すればするほど、なおさら男性は頑張ろうとするのです。

例えば、結婚するということを考えたとき、二人の住居を購入するとなれば、相応のお金が必要ですし、子供が欲しいとなれば、女性は出産もありますし、男性は収入面で、しっかりと家庭を支えていかなくてはという責任感や使命感を感じ始めます。

男性が二人の時間を犠牲にしてでも一生懸命に働きたいというときは、それは、彼女との結婚について真剣に考えているサインかもしれません。

2.勝負のタイミング

社会人になって、仕事を辞めるまでの60歳や65歳まで、ほとんどの男性はずっと働いていくことになりますが、そんな長い職業人生の中でも、それぞれの男性にとって、”勝負”のときが何回か存在します。

それは、会社の命運を握るような大きなプロジェクトを任されたときだったり、出世が掛かっている大事な仕事を任されたときだったり、あるいは、近いうちに転職や独立を考えているということもあるかもしれません、

いずれにしても、男性が”ここぞ”というときは、仕事にかなりの集中力と時間を注ぎ込まなくてはいけないときで、まさに勝負のタイミングとなります。

男性が自分の職業人生で勝負だ!と思っているとき、男性は、恋愛よりも仕事を優先する傾向にあります。

3.ゾーンに入っているとき

スポーツの経験がある人は、ご存知かもしれませんが、人間は極限の集中状態に入ると、視覚や聴覚が研ぎ澄まされ、何をしても上手くいくときがあります。

スポーツの世界では、それを”ゾーン”に入っていると言いますが、ゾーンに入るのはスポーツだけでなく、仕事でも十分、起こりえます。

手がけている仕事の成果がどんどん上がりはじめて、何をやっても上手くいくので、楽しくて仕方がないという状態です。

こうなると、男性はどうしても、仕事に夢中にならざるを得ません。

ビジネスは競争の世界で、勝てるときにできるだけ”勝っておく”というのは、勝負の鉄則で、男性が仕事でゾーンに入っているときは、二人の時間を犠牲にするのを我慢してでも、男性にいけるところまで頑張って!と応援するぐらいで、ちょうどいいと思います。

ゾーンに入っている状態は、そう長くは続きませんので、ゾーンが抜けるまでの我慢になるかと思います。

4.現実から目を背けたい何かがあるとき

男性が仕事に夢中になるときは、必ずしも状況が好転しているときばかりとは限りません。

それは、例えば、彼女との恋愛が上手くいっていないとき、会社での人間関係がギクシャクしているとき、仕事で逆境に立たされているときなど、どちらかというと、厳しい現実を目の前に突き付けられたネガティブな状況というときです。

男性が、自分にとって辛い状況をアレコレと思い悩むよりは、今は、目の前の仕事にひたすら没頭することで、状況を打開したい!と考えることは決して、珍しくありません。

長時間、思い悩んでも解決が難しい問題に直面した時、一旦、頭を冷やす意味でもその問題から目を背けるという経験は誰にでもあると思いますが、男性は、そんなときに目を逸らす対象として、”仕事”を選択しがちということです。

5.それが当たり前だと思っている

恋愛が始まった頃は、二人のやりとりも、もっと多かったし、二人のデートや食事の時間も多かったのに・・・最近は仕事ばかり・・・というケースがあるかもしれませんが、それは、その男性が、もともと常に仕事を優先するタイプだったということが考えられます。

どういうことかと言いますと、その男性は恋愛が始まる前後やしばらくの間は、仕事のペースを一旦、緩めていただけで、いつもは仕事を優先するというのが、その人の本来の姿ということです。

こういうタイプの男性は基本的に仕事が大好きなので、仕事の優先順位がいつも高く、ときどき、恋愛モードになることがあると表現した方がいいかもしれません・・・。

まとめ

「男性が恋愛よりも仕事を優先するとき5選」と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

最後まで、お読み頂きまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク





スポンサーリンク